救命救急センターに運ばれてくるのは、常に命の危険にさらされている人たち。

自分の判断一つで目の前の人の運命が決まる、そう考えれば重圧も感じるでしょうが、それ以上に医師としてのやりがいを感じないわけにはいかないでしょう。

救命救急医の仕事内容

仕事内容は、まとめてしまうと上記に集約されます。つまり、「人の命を救うこと」。

具体的には、運ばれてきた患者さんを診て、どのような状態にあるのか、どの程度逼迫しているのかを判断し、その状態や程度に応じた治療を行なっていきます。

身体の内部、例えば心臓や脳、その他内臓などに問題が生じていることもあれば、外傷により命の危険にさらされている人もいます。

もちろん、その両方のケースも珍しくはありません。

事故なのか、それとも病気なのか、あるいは中毒なのかによっても全く処置の仕方が異なってきますし、患者さんの意識があるのかないのかでも、大きく判断が変わってくる点が難しいところ。

集中治療室が設けられている救命救急センター。

一命を取り留めたがまだまだ予断を許さない人などはこの集中治療室に入ります。

その過程で一貫性のある治療を行うのも救命救急医の仕事の一つ。

最悪の事態を脱したとしても、その後、一般病棟に移るなどするまでは治療を継続しなければいけません。

高度な医療技術を有していなければならない救命救急センターの医師たち。

つまり、それを身につけるために研修を受ける、研究を行う、新たな知識や技能を吸収するといったことも重要です。

どんな事態にも対応できる能力は、こうした鍛錬によって身につくのです。

救命救急センターの仕組み

いつ何時緊急の重篤患者が運ばれてくるかわかりません。

そのため、救命救急センターは24時間体制で稼働しています。

緊急を要しない患者さんなどの対応にあたる診療科の医師とは、このあたりでも仕事内容ややりがいに大きな違いがあると言えるでしょう。

また、救命救急センターの医師はドクターカーやドクターヘリなどで現場に急行し、その場で治療をスタートさせる病院前救急医療や病院前診療と呼ばれる仕事も担います。

実際に運転をするのはドライバーやパイロットなどですが、十分な医療機器が揃っていない中で診断及び治療を行わなければならず、しかし、それによって救える命が多数あることも確かなこと。

一言では語り尽くせないほどの仕事や責任を背負っており、それにこそやりがいを感じることができるのが救命救急医という職種なのです。

目指す価値が大いにあることは間違いありません。