救命救急センターで、日々人の命を救っている医師たちは、どのくらいの給与を受け取ることができているのでしょうか。

高給、ただしストレス大

当然のことながら、給与というのは働く医療施設や経験、能力などによって上下します。

あくまでも目安としてですが、下は年収800万円ほどから、上は2000万円ほどが相場となっています。

経験が浅ければ、年収で1000万円を超えるのは難しいかもしれません。

しかし、非常に重要な役割を担っており、人の命に大きく関わる仕事をしていることもあって、極端に低い額を提示されることはまずないでしょう。

平均すると年収は1500万円から1600万円程度です。

全国の医師の年収の平均額を出すと、だいたい1300万円程度と言われていますから、それと比べれば、確かに高めに設定されています。

ただし、それが仕事の内容や責任と釣り合っているかどうかは別の話。

上でも少し触れましたが、救命救急センターで働く医師は、常に命と向き合っています。

助かる可能性が非常に低い患者さんも頻繁に運ばれ、しかし、それに対して全力で治療などの処置を施し、そのわずかな可能性に賭けなければいけません。

いくら助かる可能性が低くても、結局助けられなかったとなれば、その時の精神的なダメージは非常に大きなものとなるでしょう。

それが毎日続くと考えれば、相当タフでなければやってはいけないはず。

それで上記の年収だと考えれば、収入を目当てに救命救急医を目指すことは、あまり考えるべきではないのかもしれません。

主体的に交渉する姿勢が必要

また、これも最初に触れていますが、救命救急に力を入れている病院では、他の科よりも救命救急センターの医師を優遇しているところもあります。

そうした病院で働くことができれば、まだそこまで経験を積んでいなくても年収1000万円から1300万円程度は受け取ることができるでしょう。

今現在、全国各地の病院で救命救急医が足りていない状態。

調べてみれば、いくらでも救急科の求人情報を手に入れることができます。

そこには最低ラインとして1500万円の記載がある病院も。

もちろん、応募資格などに制限が設けられていることはありますが、救急科専門医の場合には、それだけで応募資格を満たしているとする病院がほとんどのため、求人情報通りの収入は約束されているはず。

積極的に問い合わせてみましょう。

それに加えて別途手当を支給しているところもありますから、どのような条件になっているのかの詳細をチェックすることも忘れないでください。

当然、交渉も可能。人手不足だからこそ、交渉次第で給与アップも実現する、それが救命救急医という仕事なのです。