人の生命に関わるような病気や怪我の中で、特に緊急を要するものは救命救急センターで治療などの処置が行われます。

そこには当然、高度な医療体制が整っており、それを扱うだけの知識や技術を持った医師たちが、それらの患者さんに対応しています。

救命救急センターには病院の頭脳が結集

例えば、急性心筋梗塞や脳卒中などを発症した患者さんに対しての治療や処置。

心臓や脳に問題が生じているわけですから、一刻を争います。

もし少しでも処置が遅れれば、最悪の場合死に至るでしょう。

事故などの影響により、多発外傷や心肺停止に陥っている患者さんも同センターに運ばれてきます。

身体の部位の中で複数の外傷(損傷)により命に危険が及んでいる場合に多発外傷と呼ばれますが、あらかじめどこに損傷があるのかがわからない状態で運ばれてくることも多いので、その場で判断をし治療や処置を行っていかなければいけません。

心肺停止の場合には必要に応じて心肺蘇生法などを施し、心肺機能の回復を目指すためにあらゆる手を尽くします。

このような患者さんに対する治療や処置は、他の診療科では対応できません。

そのため、多くの救命救急センターでは他の診療科とも連携を取り、また、もともとあらゆる専門知識を持った医師たちが集まることで同センターを構成しています。

その中には内科医もいれば脳神経外科医もいますし、整形外科医や放射線科医がいる救命救急科もあります。

同センターに備わっているのは、決して高度な医療技術だけではなく、その病院の頭脳が結集していると言ってもいいでしょう。

それにより、日々多くの患者さんの処置に携わり、そして、命を救っているのです。

救命救急センターの設置要件

救命救急センターを設置するにあたっての要件があります。

まずは、命に関わるような患者さんが運ばれてきた時、それを断らないこと。

しばしば救急車で運ばれる患者さんをたらい回しにするというニュースも聞かれますが、救命救急科のある病院ではそれはご法度。

いくら高度な医療体制を整えていても、患者さんの受け入れを断っていては意味がありません。

次に、ICUやCCUなど集中治療室の設備を持っていること。

急性機能不全の患者さんが運ばれてきた時、その人を管理できる専用設備がなければ、救命救急科としての役割を果たすことができません。

また、医師や看護師など、医療に従事する者に対しての研修体制が十分に整っていることも要件の一つとなっています。

この医療従事者にはもちろん救命救急士も含まれます。

加えて、とりわけ高度な機能を有している医療施設は「高度救命救急センター」と呼ばれ、他にも子供に対しての治療ができる設備等が整っているところは「小児救命救急センター」として指定されています。