「人の命を助けたい」、医師であればこのような気持ちを持ち合わせているのは当然のこと。

その中でも、より直接的に人の命を助ける現場で働きたいという考えを持っているのであれば、救命救急医を選択するのが適切なのかもしれません。

意思だけでなく、良い環境も必要

しかし、救命救急センターで医師として働くには、この使命感だけでは難しいのも事実。

そこには確かな腕がある必要もあります。

また、実際に救命救急医として働く側からすれば、病院施設、あるいは勤務形態、加えて待遇なども無視はできないでしょう。

むしろ、これらを考えた上で転職を考えなければいけません。

医師は確かにやりがいのある仕事です。

介護士などもそうですが、その仕事に就くやりがいや意義などを強く感じていたとしても、身を置く環境がその人にとってあまり良くないとなれば、いずれは離職の検討をせざるを得なくなります。

転職のプロに相談しよう

今勤めている場所や診療科から別のところに移りたいと考えた時、上で挙げたような幾つかの要素を総合的に考慮しながら次の場所や診療科に移らなければ、必ず今と同じように気持ちに陥ってしまうでしょう。

それを避けるために利用すべきなのが、医師の求人情報専門サイトです。

医師転職ガイドにも記載のとおり、
医師の求人に特化したサイトであれば、その多くでは直接コンサルタントに相談できる仕組みになっているため、自らのキャリアや希望している施設、クリアしたい待遇なども網羅した情報の提供を受けることができます。
また、求人に関する情報のみならず、その施設の考え方や理念、詳細な環境なども知ることができ、それらの情報は必ず転職活動に役立つはずです。

逆に、他の業種や職種も取り扱っているサイトは避けたほうが無難です。

その分情報が少なく、あるいは薄くなってしまいますし、専門サイトでなければコンサルタントに相談することも難しくなります。

今は別の診療科で働いているけれども救命救急科に転科したいと考えている人は、特にこのようなサイトやコンサルタントのお世話になる必要があります。

自分1人では余計な感情が入ってしまい適切な判断を下すのは難しいものですが、コンサルタントは客観的視線で物事を判断するため、正しい方向性を見出すことができるでしょう。

転職した後で、「こんな現場だとは思わなかった」と感じてしまったら、その後も大変です。

安易な気持ちで取り組むことができない救命救急医だからこそ、専門サイトや専門のコンサルタントに相談する必要が出てくるのです。